クッキー型を使わず作れる「シーリングスタンプクッキー」2018年夏のアイスクリームに

NEWS
シーリングクッキースタンプ、と命名してみました

改良を重ねまくったクッキースタンプ、やっとご紹介できるときがやってまいりました。

作り方の特徴から「シーリングスタンプクッキー」と名付けてみました。現時点でこの言葉を使ってる方はいらっしゃらないので、NUT2decoオリジナルってことで、いいかな?

シーリングスタンプクッキーは「抜き型を使わず」「クッキーを量産する」「オリジナルも可能」を目指した道具です。焼きあがったクッキーは、アイスクリームやパフェなどの夏デザートにトッピングするのに丁度いいサイズ感にしました。

ほらっ、こんな感じに、、、

以前から。お店で食べるアイスやパフェのルックスって、、、作者のメッセージが伝えられたり、サインのように一瞬でわかる道具があればいいのに!と考えていたので、この「シーリングスタンプクッキー」はプロの現場にも使って頂けるよう考えました。

インスタにUPするときだって、さ。別にバエてる写真をとりたいわけじゃなくて、「ねえ、このアイスクリームってね…」と情報を共有したいから撮るわけじゃない? あと、行った店の記録として撮ってるとこもあるから、その店らしい特徴的なルックスだと、過去の写真一覧をざーっと見返しても楽しいと思うのよ!(←私だけかなぁ?)

 

シーリングスタンプの素材について

さて、プロに使っていただのが目標ですので。道具が破損して生地に混入しないよう、丈夫な「アクリル製」にしました。破損しやすい素材では、ちゃんとしたプロ意識のある方には使っていただけませんし、、、

また、衛生面からもこの透明なアクリル、というのが大事なポイントになってます。

というのも。小さな文字のスタンプって、細部に打ち粉や生地などが詰まったりしますが、透明なので目視でも発見しやすい! 詰まったまま使用を続けると美しくスタンプできませんので「洗浄」は作業者にとって大事なポイントです。

洗うときは水に当てながら、たわし(金属は傷つくのでNG)でブラシングしてください。細部につまっていれば、楊枝のような先端の尖ったものでコチョコチョッとして取り除きます。ほらねっ、透明であることが重要でしょ?

シーリングスタンプの使い方

凹凸で絵柄をスタンプするクッキーを作るとき。「麺棒で生地をのばし→スタンプクッキーで押し&型抜く」が一般的ですが、シーリングスタンプクッキーは「団子に丸めて→スタンプで押す」という動作となります。

一連の流れはインスタに動画をUPしてみました。作り方は商品ページに写真で紹介しておりますので、そちらを参考にしてみてください。

封筒にロウを落としてイニシャルのスタンプを押す、、、古い映画のワンシーンでみたことないですか? あんな感じで、クッキーの脇が割れるのも、形が揃わないのもコレまた味わいかな♪と感じます。

 

シーリングスタンプのデザインは3種類

1.アルファベット
お客様のイニシャルをお選びいただきますと、1本1本ハンドメイドでお作りいたします。

2.Bonappetit
どうぞ召し上がれ♪というメッセージスタンプ

3.Scoop
アイスクリームや生クリームなど、すくって食べてね♪というメッセージスタンプ

 

シーリングスタンプ、注文方法について

1.アルファベットは、ご注文を受けた後、1本1本ハンドメイドで製作しておりますので「nut2.tokyo」で受付をしております。お届けまでに少し時間がかかってしまいますが、詳しくは商品ページ詳細をチェックしてください。

2.と3.は、すでに商品がnut2deco.comの倉庫にご用意しておりますので、カートに入る限り在庫がございます。ほかのご注文と一緒にお送りできますのでご活用ください。

関連記事
シーリングスタンプクッキーを、愛用のクッキー型で使うコツ
ノンパレルやジミーなどのスプリンクルを混ぜた「ファンフェッティークッキー」



関連記事一覧