タピオカミルクティやシェイクもズズッといける、太い紙ストロー

ドリンクitems

最近。環境問題でプラスチック製のストローを、紙製に変更する動きがあるというのをニュースで聞かれた方も多いと思いますが…

ごめんなさい。当店では環境を意識せず「可愛さ」に惚れて、紙製ストローを販売してきました。きっかけはリップクリームを販売していたころ、Hershye’s(ハーシーズ)のパッケージに使われてた赤いストライプのストロー。これが欲しくてずっと探してたからなんですけど、、、

上写真の右側はチョコレートフレーバーのリップグロス(化粧品)が入っていて、左はチョコレートの香りのするネイル(この商品を輸入販売してました)にも、グラスに赤いストライプのストローがささってるの。見えますか?

茶色1色の飲み物に、ストローが差し色になって可愛いですよね? 色付きストローは一般的によく使う細いタイプと、タピオカミルクティーやドロッと粘度が強めなシェイクなどを吸いやすい「太い」タイプの2種類をご用意しています。

うちではどんなことに使ったかしら?と検索してみたんですが、なぜか写真がピンクのしかない、、、

https://ameblo.jp/nut2deco/entry-12254186374.html

激しいビジュアルで、かなりデコラティブな飲み物を作ってますが。これが、スーーーッと吸える太さのストローです。

 

2018年夏、今年のサマーセールにはこの太いストローの「ブルー」と「レッド」の2種類を、特別プライスでご提供することにしました。ということで今日、太ストローの「ブルー」を使ってタピオカミルクティを作ってみました。

まずは1時間、電気圧力鍋の「煮込み機能」を90度に設定し、水の中にタピオカを入れて1時間放置、、、

最初は、Ballメイソンジャーのマグカップを使う予定で準備しましたが、、、

さらに牛乳もなく。豆乳もなく。福光屋のライスミルクが冷蔵庫にあったので、それを使うことにしまして。となるとビアマグでは量が入りすぎるので、急遽、ミルクボトルに変更。

英国トーキングテーブルのミルクボトル。これはプラスチックで蓋つき。なのでドリンクだけじゃなく、ミニクッキーを入れるケースとしても使っておりますが。まずこのボトルにタピオカを入れ。次にライスミルク、、、

せっかく、ライスミルクのナチュラルな甘さなのだから、ティーにはご遠慮いただきまして。そのまま、タピオカライスミルクの完成!

味は、、、

ライスミルクはサラッとした喉越しの、甘さ控えめな飲み物ですから。タピオカと絡まない。そーですよね、そりゃそーですよ。牛乳か豆乳を買いにひとっ走りすりゃーよかったのに。ズボラな自分が本当、残念!

でも。茶色と黒い粒の、色味も面白みもない飲み物でも、カラフルなストローがあるだけで可愛く見えて、キブン的に美味しさがUPします。お弁当で使うバランのような存在として使っていただくのがよろしいかと、、、

というわけで。太いストローも活用してみてください。今ならSALEやってます!
http://www.nut2deco.com/product-list/764

関連記事一覧