バースデーケーキスプリンクル

Oversea

2018のニューヨーク旅でもちょいちょい「Birthday cake sprinkles」という、ノンパレルジミースプリンクルがどばっと大量にかけられたスイーツを見かけたんだけど、、、

私がバースデースプリンクルに一番最初に出会ったのはこの、georgetown cupcake(ジョージタウンカップケーキ)を食べに行ったとき、ディスプレイに可愛く飾ってあった、このビジュアル、、、

birthdayというネーミングが、すっごい印象的だった。2013年のことなんだけど、、、

 

のちに。バースデーケーキ的デコレーションを試してみたんだけど、このドバッと感ってーの? 勢いってーの? 静岡出身のジャパニーズ(=私)には、このドバッとかける勇気がでない。このときも、、、

まずはケーキを焼いて、大きなケーキトッパーを試してみよう!っていうことで始めたので、、、

どんと真ん中に配置をしたあとは、ケーキトッパーにあわせて色を選んだケーキキャンドルを配置して、さ。

でも、なんか物足んない。ってことで、このキャンドルは一旦ひっこ抜いて、スプリンクルをパラパラと配置してみたんだよね、、、

そしたら「そんなチマチマやってないで側面にドーンとつけちゃえば?」とかってスタッフがガヤつくもんだから「じゃ、やったるかっ!!!」と意気揚々スプリンクルをボウルにぶちまけて、、、

(ボトル状のスプリンクルを使ってますが、今後は在庫限りでボトルの販売は終了となります。少量か大容量の2種類となります)

ボウルからスプリンクルを手にとって、側面に「エイッ」とはりつけて、、、いくのだけど。おっかなびっくりやってるから、ところどころついてない。見せるのもお恥ずかしいですが、これが我が実力(というか性格)、、、

仕上がりはこんな感じ。もう少しちゃんとできなかったのか? と、この写真を見返すたび、自分のチキンぶりを問われるようで、こーいう写真はたまに見返すと気合が入ります。なんでも中途半端なことすると後悔するからな、って。苦笑

うちのスタッフで、スプリンクルの食感がいまいちなんだよねぇ、、、というのがいるんですが。なめらかな口どけが大事なお菓子にいれると違和感感じちゃう人もいるかもねー。

そんな方に私の目安ポイントを伝えるときは、ナッツなどが入ってると嬉しいもの、、、例えば『アイスクリームだとか、クッキーだとかに使うのがオススメ』とお伝えしています。

海外のカラフルなものって、日本人には後ずさりしたくなるものも正直あるんですけど(←私にだってあるよ、そりゃ!)。カラフルで華やかなものは気持ちがパッと明るくなるし、楽しい時間を過ごすと元気がでますしね。上手に(適度に)取り入れるとイイのにな、って思ってます。

 

使用したスプリンクルはこちら

関連記事一覧