初めてのアイシングクッキー作り・失敗したくないなら簡単な…

デザート

素敵なアイシングクッキーを作りたい、と目標設定を最初から高くしてしまうと、自分が作ったクッキーがショボく見えて、悲しい気持ちになったりしますよね…

でも、最初から上手にできる人なんていないと思うんですよ。

お料理だって、初心者が三ツ星シェフの味を出せるかといえば、同じ材料を作ったって難しい… そういうことだと思うんですよ。うん、これと同じだ!

 

 

初めてだけど失敗したくない、なら…

アイシングクッキーに限らず、何であっても、初心者は「難しいことから始めない」のが失敗しないコツだと思う。

アイシングクッキー作り

そんなの当たり前だ!と思うでしょ?

でも、素敵なアイシングクッキーを見て「こんなのが作ってみたい!」と妄想が膨らんでしまったら、人は冷静ではいられなくなっちゃうんだ…

解る。だって私、妄想ふくらましすぎて恵比寿にアイシングクッキー屋さん作ったおバカさんなんだもん、苦笑。

NUT2DECO恵比寿

恵比寿実店舗に販売してたクッキー型

 

ま。すぐに挫折して、道具屋へ転身したけど…

道具屋になったら「この道具を買えば作れますか?」とワクワクした声で問合せを頂くようになって、偉そうに「それは買わないほうがいいよ」とか言ってしまったこと、数知れず…

「買うって言ってるんだからイイじゃん!」「偉そうに何だよっ!」って思うだろうけど、最初に失敗するとキライになっちゃうでしょ?

アイシングクッキーは1つの手法であって、知ってると役立つと本気で思ってるから…

初回だけは失敗してほしくない! 嫌いにならないで欲しいの。

 

 

教えてもらう=上達の最短コース

もし「こういうアイシングクッキーが作りたい!」という理想があるなら、それを作れそうな講師を、インスタやgoogle検索などで探して教るのが手っ取り早い

講師からテクニックを直接教われば、お誕生日やお祝いのシーンに合うデコレーションや、頭の中に膨らむ妄想をアイシングクッキーに出来るようになる…

ROSEYアイシングクッキー

例えば↑このクッキー型をコラボさせてもらったROSEYさんは、英国で働いて学んだ技術を代々木上原で教えてくれてたりするし…

初めて彼女の作品を見たのは10年以上前、だったかなぁ? 思わずラブレターを贈って、彼女オリジナルのクッキー型まで作らせてもらっちゃった。

 

私が初めて、アイシングクッキーってものに出会ったのはNYのエレニーズ

アイシングクッキーのことを「カンバセーションクッキー」って呼ぶとWEBに書いてあって、当時は相当シビれたんだけど…

まるでメッセージカードのような、カンバセーションしてくれるお菓子が思うように作れたら、きっと楽しいと思うんだ!

 

 

失敗したくないなら、絞らない!

アイシングシュガーパウダーがあれば、水を混ぜるだけでアイシングクリームが作れるので、ま、これは良しとしよう。

じゃ、ほかは何で失敗するかといえば「絞り袋に入れてラインを描こうとする」からじゃないかなぁ?

私は練習嫌いなので、未だ上達しない。絞るラインも文字も、いつまでたっても↓このレベル、苦笑。

アイシングクッキー

えー、絞り袋は練習しないと駄目なの? 使わないとアイシングクッキーって作れないの? と聞かれたら、応えはNOです。

 

 

世界で一番簡単なアイシング

1番簡単なのは「絞り袋を使わず、スプーンで伸ばす」です。

スプーンでのばすアイシングクッキー

大きめなスプーンの裏側で大きな面をのばして、細かい部分は先のとがった竹串でチョイチョイっとのばしていく。

私は竹串の変わりに、常備してるケーキテスターを使ったり、あとはコーヒーショップでもらう小さいスプーンを使ったりしてる。

スプーンじゃなければ、

筆でアイシングクッキーを塗る

広い面の中央へ、たっぷり筆にのせたシュガーを置いて、端のほうへ伸ばしていく感じ。

仕上がりは、絞り口で作ったもののほうが、そりゃ綺麗だよ…

これ↓は、最初にアウトラインを絞ってから塗ったものだけど、フチのラインがしっかりしてるでしょ?

アイシングクッキー

絞りができると、こういうクッキーになる。

でも、塗り伸ばしただけでも悪くはない(と思う!)。

アイシングクッキー

模様はフードペンなどを使って描いてしまえば、絞り袋を使わずにアイシングクッキーが作れちゃうという作戦。

どう? これなら出来そうじゃない?

 

 

まずはここから始めてみて、もっと上達したいと思ったら先生のところで勉強してみるのも悪くない。

だって、自分で一度やったことがあれば「解らない部分が解る」ので、そこを質問ればいいんだもん!

最初っから自分に厳しくせず、成功体験を重ねて褒めて伸ばしてやりましょうよ。ねッ!

関連記事一覧