• HOME
  • コラム
  • ミスターキプリングのチェリータルト「Mr Kipling ” CHERRY & ALMOND BAKEWELL TARTS”」

ミスターキプリングのチェリータルト「Mr Kipling ” CHERRY & ALMOND BAKEWELL TARTS”」

コラム

 

自分達がコツコツ貯めた金なんだから子供に残すなんて言ってないで自分で使いなよ! と言っても「まじめにコツコツ」で頑張ってきた世代が、急に自分のために使えるはずもなくて…

結局「両親の想い出作り」という名目で家族旅行を始めてはや数年。今年はオーストラリアへ行ってきました。

 

オーストラリアでスタッフに買ったスイーツ土産…

パッケージの色の可愛さにマットな紙質の肌触り、私が毒々しいチェリー味が好きなことで、スーパーマーケットで見かけた瞬間にカゴへ入れてしまいCHECKを忘れましたが…

made in the UK = イギリスのお菓子ですって。ウケ、笑

ほらっ、みよてみてよ、この可愛ぃルックス! チェリーの赤いワンポイント、その赤がひきたつ白いアイシング、ふりふりっと盛り上がったタルト生地。ねっ、たまらないでしょぉ?

 

 

あと、この銀色のホイルカップを見てみて。

英国ケーキだけに、イギリスTalking tables社(トーキングテーブル)から仕入れてる小さなパイ皿と同じものが使われてるじゃない?

これ、私が作ってみた小さいアップルパイなんだけど。デコレーションもいろいろできるサイズ感で、、、

ちょうど、カップケーキと同じサイズだから、カップケーキボックスにもきちんと収まって、お裾分けするときや、持ち運びにも困らないとこもGOODなんだよ!

詳しくは以前ブログに書いたので割愛するけどさぁ、、、
https://ameblo.jp/nut2deco/entry-11962579500.html

 

オーストラリアのお菓子といえば、有名なのに「ラミントン」もありますね…

レイチェルクーも紹介してたオーストラリアのスイーツ「ラミントン」

 

いろんなお菓子はあったけど、目新しいというより… ちょっとレトロで可愛いデザートが多かったように思います。

関連記事一覧