バレンタインの手作りお菓子ラッピングに使える包装資材

フードラッピング

お菓子ができたぞっ、わーい!

と思ったら、お菓子にジャストフィットする包装資材がなくて困ったり、ラッピングした途端ダサッ!!! って思った経験ってありません?

辛い。ラッピングがダサすぎて辛い… もしかするとラッピングからお菓子を考えたほうが楽じゃない? って思ってるほど、ラッピングが辛い。

NUT2decoの長年の課題だけど改めて、真面目にラッピング研究しようと思う!(←バレンタイン前になると毎年同じことを言う)

もう代理店契約を止めちゃったけど、まだ買いだめてある英国ブランドの包装資材もあるし、改めて見直しながらラッピングアイデアをおさらいしてみます。

紙製「ペーパーバッグ」

紙袋って、少しカジュアルな、かしこまり過ぎないポップな雰囲気が良くて好きなんだけど、お菓子を入れるとなると…

クッキーなどの焼き菓子はバターが使われてて「油分」を含むから、内側にコーティングがないと駄目なのよね。

大丈夫、うちの英国ブランドはそこらへん解ってて、ちゃんと油コートしてあるんだ!

マチがついていない紙袋

マチがない紙袋には繊細なデコクッキーはNGだけど…

ダメージを受けにくいチョコチップクッキーや小さめなパン、砂糖まみれのドーナツ、カットされたパウンドケーキ… などを入れることが多いかな。

あっ、マチマチいってるけどマチって解るよね?

左側手前がマチなしの紙袋、右側がマチありの紙袋です。念のため。

お菓子のラッピング用紙袋

中身が見える紙袋

マチ付きの紙袋は何がいいかっていうと、自立してスタンドすること。これだけで少しキチンとした印象になるんだから… 不思議よねぇ。

あと、このマチ付きには中身がみえる「窓付き」ってのがあって…

見た目を可愛くデコレーションしたお菓子って、ちょっと外からチラ魅せさせたくなるじゃないですかぁ!!! (←私だけ?)

だからこの、窓がついたクッキーバッグがお気に入りなんだぁ♥

ちなみにこの包装資材にはクリップやタグもセットになってるから、メッセージや名前を描いたりするカスタマイズにも向いてるよ。

ま、ここまで入れるものが多くなくて…

クッキーが数2〜3枚くらいの小さめなラッピングに、というならウエディング用のプチギフトバッグを…

窓付きではないけど、こんなレース柄のボックスなどもあり…

お菓子を少しだけ多くの人に配りたいとき、使いやすい包装資材です。

 

パウンドケーキ型はビニール&リボン付き

パウンドケーキを焼ける紙型も実はラッピング資材としてすっごい便利なの!!!

大小2種類あるんだけど、これはカットしてココアをまぶした生チョコを小さいパウンド型にごそっと(雑に)入れただけですが…

コレの何がいいって、このパウンドケーキ型が入るビニールとリボンが付属しているので、これ1つでラッピングまで全部終了できるの!

大きなタイプだったら、チョコチップクッキーやオートミールクッキーなど、シンプルで素朴なクッキーを並べてラッピング…

パウンドケーキを作るための紙型なので、内側はしっかり油をはじくコーティングがされてるし、リボンもビニールもついてる…

私はコレ、焼き型というより包装資材として使うことのほうが多いかもしれない。

 

チョコレートホイル&キャンディホイル

チョコレートやキャンディを包むホイル、これは米国で業務用として用意されてる包装資材で、NUT2decoでは長年取り扱ってる定番なんだけど…

キャンディホイル

キャンディホイルはチョコとは少しちがって、両サイドをクルッとねじる部分がついていて、可愛いキャンディ包みができます。

が、残念ながらキャンディホイルは、色柄デザインの種類が少なくなってきてしまったけど… これ、すっごい便利なアイテムなの。

一口サイズの丸いお菓子を包んで、軽量なプラスチックのミルクボトルに詰めると見た目も可愛くなるよ♥

 

チョコレートホイル

チョコレートホイルは全部がホイルになっていて、薄っぺらいので小分けしちゃうとシワになるので、業務用のまま販売してます。

間に薄い紙がはいってるので、それは取り除いて、ホイルのほうだけでチョコに密着させてクルッと包みます。

ロリポップも巻けます… ちょっぴりシワができてもソレはまたそれで良し。

チョコの表面に押し付けるように伸ばして密着させたあと、余った部分を裏側でクシュッとさせて密着させてね。

沢山入ってて使い切れないときは、カットケーキの仕切りに使うのもGOOD。

 

ロリポップ棒入り、ポップスキット

ロリポップはチョコレートだけじゃなく、クッキーを焼くときに使ってもOK。

NUT2decoでご用意してるロリポップ棒は「紙製」で、メーカーではオーブンで使うことを推奨していないけど、クッキーをつけて焼くこともできました(←ここは自己責任となりますが)。

ポップスを作りたいなら、ロリポプの棒と、ビニール、リボン、そしてタグがセットになったポップスキットをGET頂くと、必要なものが1度で全部揃います。

 

リボンのセット

お菓子をビニールに入れたらリボンをくるっと巻くだけでギフト感がUPしますよね。

リボンは単体より複数セットになっていると、お皿の色、お菓子のデザインによって使い分けられて便利です。

 

あと、ちょっとした小技をここで紹介してみます…

ポップコーンバッグの作り方

ポップコーンカップ、ってのがあるんですが、これがホームベーカリーで作った食パンに丁度良いサイズで…

ハトメをして、リボンをつけたらギフトバッグになって、プレゼントに持参したらとても好評でした。

作り方は、まずお菓子をポップコーンケースにいれて…

ハトメでリングの穴をあけます。私は大きな穴を使ってますけど、もう少し小さい穴でもOK。

この穴にリボンを通す。うちではゴールドのファッショナブルなリボンがあるので、それを使ってみてますが…

少し長めにして、輪っかにするだけ。

リボンを二重にするとハンドバッグに、一重にするとショルダーバッグになります。

 

カップケーキプラケス

カップケーキを作るなら、カップケーキ専用のプラケースを用意してます。これはアメリカのスーパーマーケットで販売されてるようなマフィンケースで…

NUT2decoでは、クリームのデコレーションできるよう、少し高さのあるもの(トールタイプ)もご用意してます。

1番使い勝手が良いのは、小さいミニカップケーキが12個はいるプラケース

クリームを絞ったものを入れることもできますが…

苺をデコレーションする、といった小さいお菓子同士がくっつかないようにするための運搬ケースとしても優れてます!

 

紙製のケーキボックス

小さめなケーキボックス、これは同柄のマフィンカップを3つ入れることができる小さいタイプのものですが…

お菓子のケースと、ラッピングの柄がトータルコーディネイトできると、お洒落感がUPするので、マフィンやカップケーキ作りに使ってみてください。

 

クッション材入り貼箱

ケーキボックスなどの「箱」に入るとオメカシ感がUPしますね…

そういえばもう1つ。これまた在庫限りで申し訳ないのですが、アイシングクッキーや薄めのチョコを入れる貼箱がありまして…

元々、貼箱はお高いので特別価格であるうえに。実はこの箱の中に、お菓子にダメージをあたえないクッション材が入っています。

これがあるだけでプロっぽく見えるんですよね。特注で作ったものが少し余ったのでご提供しているんですが…

こういうかゆいところに手が届くラッピング資材も欲しいなぁ、などあれこれ考えながら、今あるラインナップをまとめてみました。

 

最後に…

せっかく素敵なお菓子を作ったのに、ラッピングでガッカリ… ということのないよう、お菓子にぴったりな包装資材をチョイスしてみてください。

他にもいろいろございますのでNUT2decoの包装資材、ご覧になって頂けたら嬉しいです。宜しくお願いいたします。
包装(ラッピング)一覧

関連記事一覧