2020年干支は子年、ネズミのメレンゲクッキー(レシピあり)

ネズミメレンゲクッキー
レシピ

2020年は子年(ネズミ年)だから、ネズミのお菓子を作りたいなぁ、とググってみるも、あの有名なランドのネズミだらけ…

ライセンスという名のギャラが高いプロネズミではなく。もっとこう… 素朴な可愛さが欲しいなぁ、と考えてたら出会ったコレ…

forpastryssake.wordpress.com

そうそう、こういう感じ!

ま、これを完コピするのも芸がないので、ちょっとアレンジした次第。

 

メレンゲクッキーのレシピ

真っ白なネズミなんてらしくないし、少し色がついてもイイだろう。ってんで、アーモンドプードルが混じってOK、クラシル「卵白1個でメレンゲクッキー」のレシピを拝借。

粉糖はコーンスターチが入らないものをと注記があるけど、オリゴ糖入りはいいのかね? ベトつく覚悟をしてオリゴ糖入り粉糖でやってみたが… どういう訳かベトつかない。Why?

 

卵白をメレンゲにする

まず、私は冷凍してあった卵白1個分を使いたいので、作業1時間前に冷凍庫から出した。

まだ少しショリショリっとした氷っぽいとこが残ってるけど、ハンドミキサーでつぶす力技を採用… 強引に準備OK。

ボウルが乗る小さめな鍋に湯を沸かし、火を止めた上にガラス製のボウルをのせ、ハンドミキサーで泡立てる。

 

粉砂糖を混ぜる

泡立ってきたら粉糖70gを5〜6回に分けて… 私は中くらいのストレーナーに入れ、振るいながら少しづつ足して、その都度ハンドミキサーをフルスロットル。

ガンガン混ぜていくとツノが立つ… うーん、どう言えばいい?

ハンドミキサーの先端でクリームに触れて、ピョンっとひっぱるじゃない? そのとき出来た「クリームのピョン」が倒れない状態=ツノ(←でいいの?)が立つまでガンガン混ぜてみた。

 

アーモンドプードルを混ぜる

ツノったら、アーモンドプードルを投入。

さっくりと混ぜ合わせる。そう、勝手な持論ですけどね…

アーモンドプードルを入れりゃぁ、大抵のものがプロっぽい味になる気しない? 最強だよねっ、アープー(←ツゥはこう言うらしいぞ、笑)

ただ、劣化しやすいからメイソンジャーで密閉がマスト。アーモンド系は少量を都度買うか、コスパ良いのをきっちり密閉するか… 私はアープー崇拝者なので後者。

 

メレンゲを、ネズミに絞る

さっくり混ぜ合わせたらBallメイソンジャー 24ozに、使い捨ての絞り袋をかぶせ、クリーム全投入。

使い捨てとは別で、一回り大きめな絞り袋に、中サイズの丸口金をセット。それと4番丸口金も別で用意。

絞り袋を2枚重ねすると途中で口金が変更できるからさ♪ ←同じクリームで尻尾も作る作戦。

クリーム入り絞り袋を、口金入り絞り袋に入れて…

 

シリコンマットの上にネズミを絞ってみる。

どう絞ったらマウスっぽいか? と大きさや形を色々ためしたので、全員がてんでバラバラな個性派集団になってしまったが…

耳にはアーモンドスライスを2枚、体に合わせた大きさを選びつつクリームに刺して立てる。

この耳をつけないとネズミ感がまったく出てこないので、必須。

いろいろ絞ってみたけど… 下写真のように、鼻のところをツンッと尖らせるのが気に入った!(理由は後ほど)。

にしてもこの尻尾、ヘンテコすぎる。

違うんだよなぁ、うーん、こうじゃなくて… と事後検索してみたらコレ。こういう尻尾が可愛いかもしんない!

pinterest.jp

 

ネズミ達を、焼く

全部絞ったら、余熱してあったオーブンへIN。100℃で1時間。← 焼ければ完成だ!

 

メレンゲがベタベタしない方法、か?

メレンゲは焼き上がったらオーブンが冷めるまでメレンゲも中に入れておくとベトベトしない、っていうけど(扉をあけてもOKらしい)、私はそれでもベトベトになった経験が何度もある…

けど、今回はベトベトしない。

それどころか、フードペンで早くお顔を描きたくて、オーブンが冷めるまで待てず。数匹は体が温かいまま外へ出したのにサラっとしたまま… なぜ?

思い当たるのは、湯煎しながら(温めながら)メレンゲを泡立てたこと。←こっ、これか?

比較しないと解らないので、近く実験してみよう。メモ。

 

 

フードペンで顔を描く

フードペン中身のインクが食用カラーになってて、いつでもすぐ使える便利な食材。← 当社は日本で許可された成分に変更&輸入してます

ネズミの顔なら黒… と描いてみたけど少し強すぎる。茶色のほうが柔らかな印象になるように思う。

あと、フードペンにはペン先が細めなスキニーがあって、表面がカチッと固まってるアイシングクッキーにお薦め。今回のメレンゲもカチっと固まってるので、スキニーを使う。

鼻をツンっと絞ったネズミが良いと思ったのは、鼻を描く必要がなかったこと。

鼻の横に髭をシュッ、シュッ、シュッと3本、反対も3本。ここから描くと、可愛く描けるような気がする。

髭ができたら目をテン、テン…

ツンとした鼻が無いネズミには、鼻から描いていくとバランスが取りやすい。平らな顔族だって可愛いぞッ、頑張れッ!!!

ま、顔なんて目と鼻のテンテンだし、味に代わりはないんだけど…

子供も大人も、誰もが皆ベッピンさんには優しいからねぇ… できるだけ可愛く仕上げてあげたいのが親心ね。

 

フードペンの使い方(動画)

フードペンは子供でも簡単に使えるデコ食材ですが、食品がペン先につくと描きづらくなったり、衛生的に心配だと思います。

使うときは必ずキッチンペーパーを用意して、使用前後はこまめに拭いてご使用下さい。動画も貼っておくのでご参考に♪ 完

関連記事一覧