青いバタフライピーが色チェンする瞬間を1秒でも長く楽しみたいなら

カラーフード

スパイス&酒の勉強で青山ファーマーズマーケットへ行ったのは2018年4月。そのときバタフライピーの小分けを買ったくせに、勿体ぶって使えずにいたが…

最近、ナウでヤングなカレー兄ちゃんの引率で寄った新大久保のタイ食材屋で「チョウマメ」って乾燥花をみかけてね。おやおや? これは見るからにバタフライピーでは?

便利な時代よね。その場でネット調査したらビンゴ、迷わずGET。突然「バタフライピー成金」になったので、贅沢して湯水のごとく使っちゃうのだ!!!

 

 

バタフライピーとは何ぞや?

バタフライピー。簡単に説明すると…

タイの花で、乾燥させてお茶にすると深い海の底のような群青色なんだけど、レモンなどの酸っぱいものを入れると赤く色が変わって、魔法みたいでワァー♪ってなるハーブティ、です。


もっと詳しく、という方は ウィキペディア をご覧あそばせ。

タイでは「アンチャン」とも呼ばれてるってさ…  バタフライピー。ノリピー。やだ、マンモスウレピー、とか言っちゃいそう。笑

マンモスじゃない、バタフライのピーってヤツが、これまたナンチャラ成分がイイだ悪いだと神々しく書いてあるサイトが多すぎて、逆に疑惑なんで…

シンプルに書いてあるサイトをリンクしとくけど。

個人的には年頃なので「アンチエイジング」と、近眼なのにハズキルーペ予備軍となった今、目に良い効果にも期待。

ま、少し飲んだくらいで素顔で歩けるほど若くなるとも、草原かなたの動物が目視できるほど視力回復するとも思ってないから。適当に付き合っていこうな、アンチャン!

 

 

ハーブティの作り方

市販のティーパッグを購入すれば、裏面やWEBで作り方が紹介されてるから簡単に作れるとは思うんですけど…

乾燥した花を使えば少し面倒だけど、沢山作れるので。乾燥花を使ってハーブティ作りをレポってみようと思います。

乾燥したバタフライピーの花

まず。お湯を湧かし→4〜5粒花を入れた耐熱カップに注ぐ。たったこれだけで青いハーブティができる。ちょっとだけで、すぐ青がでてくる。すごい、すごいッ!

でも。今や私はバタフライピー富豪。大さじ1杯、ガバッと入れて濃いめに作っちゃうのさ。

バタフライピーをお湯に入れる

濃い。めっちゃ濃い。ブルーというより濃紺、まさしく群青色。ここからお花を取り除いて…

やっぱ濃い。でも、バタフライピーって無味無臭で、濃く作っても味的には変わらないのよ。

バタフライピー濃いめ

とはいえ。色が濃すぎると飲みたい気分にならないし。お茶で飲むなら薄いブルーを目指すのが良さそう。濃いなら簡単、水を足せばOKさッ♪

バタフライピー薄め

 

 

バタフライピー氷を作る

バタフライピーの青は、レモンを入れると赤というか、ピンクというか、濃いパープルに色が変わるのが綺麗なんだけど…

一度変わったらもう青く戻らないらしい。一瞬だけだなんて、切なすぎない? いいの? そんな簡単に楽しい時間を過去にして、いいの?

往生際が悪いと言われてもいい。製氷器でバタフライピー氷を作って、1分1秒でも長く、楽しみたいと思ったワケさ。

 

バタフライピー氷にレモンティーを注げば、ほら! 見てよっ!!!

バタフライピー氷

氷から溶けた成分で徐々に色が変わって、楽しい時間が長持ちする。これなら、バタフライピー案は成功と言えるんじゃない?

 

レモンティーは好きな紅茶でOK。私は英国で買ってジントニックティーに砂糖大さじ3杯を入れて冷やしておいた。

お砂糖を入れた紅茶

この、加える紅茶でほぼほぼ味を決めておくのがいいと思う、バタフライピーは無味だからさ。

 

 

大きなキューブのシリコン製氷器

キューブ型のシリコン製氷器=アイスキューブトレイ。うちには大小2種類の大きさがあって、小さいのは一般的にどこにでもあるサイズ感で、日々のドリンク活動に使い勝手がいいと思う。

シリコン製氷器スクエア

私はコレ、野菜のすり下ろしたものとか、油っぽくない液体を冷凍保存するときに使ったりもしてる。シンプルにま四角でシュッとしてるとこが気に入ってる。

大きなキューブはお客さんが来るときに引っ張りだして使うことが多い、かな。ロックグラスやワイングラスで使うと格好いいんだよねぇ… こんな感じに!

ピンク色が可愛いので「岩下の新生姜のピンクジンジャー」っていう濃縮シロップ使ってみたんだけど、これもレモン同様に徐々に色が変わるんだ!

ちなみにこの3つ、1番右がバタフライピー、1番左が岩下の新生姜シロップ、新生姜を中央は岩下1滴入れただけで変化した色。

岩下の新生姜ジンジャーエール

ミルクとまぜて青を混ぜる、と聞いてコレもやってみた。ミルクブルー色がキレイなんだけど、味は単なる牛乳。

バタフライピーミルク

牛乳でグラデを作るときは牛乳と氷をグラスに入れた後、スプーンの背から氷を伝って静かに注ぐのがコツね。←カクテルスクールで教わった技

 

夏はドリンクメニューもバリエーション用意したいところですし。ブルーの涼しげな色のバタフライピードリンク、もう少し研究しようと思う。

もし面白い使い方をご存知で教えて頂けたら、マンモスウレピーです。

関連記事一覧