キッチンエイドを個人輸入、今も後悔ゼロのスタンドミキサー

キッチンエイドの色
お菓子の道具

キッチンエイドを買ったのは忘れもしない2004年。恵比寿でお菓子屋を始めるかもしれない、という時期。そもそも私にお菓子が作れるの?という未知数な時期だったけど…

これがなくちゃ私の新しい人生は、何も始まらないんだわ!と海外から個人輸入を決意。英語もできやしないのに購入したときのポイントを書いてみます。

 

キッチンエイドは色で選ぶ

は? って思うかもだけど、あの丸みある美人なフォルムはどう考えたって、キッチンのインテリアじゃない? 色って使う人(=私)のキブンを左右する大事なポイントでしょ?

なのに私が欲しかった頃の日本では、キッチンエイドの色バリが少なくてショックでショックで。で、個人輸入することにしたってワケ。

恵比寿の店舗は酷く小さなキッチンだったけど、ピンクでまとめる予定だったから、相性のいい色としてパープルに決定。

紫ってピンクでもブルーでも、意外に合うじゃない?

キッチンエイドの色

一生付き合うつもりの買い物だもの、模様替えしたときのことも考えた。結局、長く人生やってたらお菓子屋になるはずが、道具屋に変わっちゃったし…

恵比寿以降も幾度となく引っ越して、キッチンの壁色や置く場所は変わったけど、色はパープルで正解だったと思ってる。ちょっと前までは柄キッチンだった…

菓子道具屋のキッチン

時代や自分って、嫌でも変わってくからさ…

若い頃はピンクの壁も楽しかったけど、今はシンプルなタイルの白壁。場所は変わってもキッチンエイドを使う瞬間、まだウキウキしちゃうんだから色って大事…

パープルのキッチンエイド

何度も買い替えられる道具じゃないからこそ、後々のことも考えて、変わらず愛せる「色」を選ばなくちゃ、って思うんだ!

あれ? そこまで色って、大事じゃなかったりする?

 

 

歴史あるキッチンエイド、だから安心

大事にしてたのに、繰り返した引っ越しのどこかで、エンブレムを固定するパーツの黒いプラスチック部分が欠けちゃったことがある。

キッチンエイドエンブレム

でも、特に不便はなかったから長い事放置していたんだけど、実はこれがないと便利なアタッチメントが付けられない。意外と大事なパーツで…

個人輸入だったし、10年以上前だし、もしかすると機種変してパーツが無かったら買い替えなの? と焦ったけど…

さすが100年以上の長い歴史あるブランド、そして今やネット時代。まったく問題なくパーツを取り寄せる事が可能。米Amazonからすぐ届いた!

キッチンエイドのネジ

本体が壊れちゃったら仕方ないけど、こんな小さなパーツのせいで買い替えなんて悔しいからねぇ… ってキモチ解るかなぁ?

 

 

2004年から一度も壊れないキッチンエイド

パーツは破損したけど、本体は一度も壊れたことがない。もし壊れたら、次はどんなカラーにしよう♪ とたまにカタログを眺めてるけど…

NYのカップケーキ屋さんにはね、キラキラピンクの洒落たキッチンエイドを飾ってあったて、それが可愛いのなんの…

カップケーキ屋のキッチンエイド

このくらい濃いめなピンク色、キラキラのラインストーンが大人っぽくて、やたら格好いい(遠目で撮ったから解りづらいかな?)…

でも、まったく壊れないんだから、買い替えられない。苦笑

誰か壊れた人っているの?と探してみたら、自分で修理をしてる人がいた。参考に読んでみると良いかも…

うーん。なんだか大変そう。私はたぶん買い替えるかな…

もし壊れたら、またキッチンエイドを買うと思うわ!

 

 

個人輸入だと選べる色が増える

きれいな色のキッチンエイドが沢山有るけど、もし私が次の1台を買うとするならっ♪ 考えるだけでも楽しいので、いろいろ調べてみちゃうけど…

いつもTVで見てるマーサスチュワートの楽しい焼き菓子作りでは確か、シルバーのメタリックカラー。キッチン道具にはステンレスも多いから、このチョイスは間違いない。
マーサスチュワート

これと同じカラーのキッチンエイドを、米国のAmazon.comで調べてみると、随分安いのメッケ♪

次はチェックするのは右側の赤い枠の中…

日本へは送ってくれない商品もあるけど、可能な場合は赤い枠ライン中のように、to Japan という価格が表示されるから…

いつも使ってるAmazonと同じように注文すればOK。英語がわからなければ翻訳サイトなどを使って確認しながら進めりゃ、大丈夫。

 

うーん、シルバーはやっぱり何にでも合わせやすいから、いいわねぇ♪マーサスチュワートキッチンエイド

でもどちらかというと個人的には、彼女のブランドカラーのマーサグリーンのほうが、ちょっとレトロで好き。マーサスチュワートカラー

レトロカラーってキッチンに合うよねぇ。レトロ系が好きなら、このピンクのキッチンエイドも可愛いと思わない?キッチンエイドピンク

白や黒が間違いないとは思うけど、キッチンの壁って基本的に白っぽいから、とけ込むような色とか、やわらかめな色のほうが合うのかもね。

という私は、どパープルだけど。苦笑 しかし色を選ぶってのは、すっごい楽しい時間よねっ!!!!

 

 

個人輸入で注意すること

個人輸入をする前に、これは知っておくと良いと思う点。

私はお菓子屋を始める前、準備中の試作段階で入手を決めて個人的に手配をしたのだけれど、事業で使う道具となると「食品衛生法」が関係してくる。

法人化して経費にしたいところだけど、企業名で買ったりするとたぶん、通関で引っかかると思う。

でもビジネスなら守るべきルールなので、自己責任で対処できそうにも無い人は、日本で購入したほうがいいかも。ハードに使うならメンテや保証があったほうが安心だしね。

ちょっと高い?と一瞬思うけど安心料と、人を雇って手配してる間は自分の時間が増えるのだ、という経営者感覚で考えれば安いもんだ…

ま、個人輸入というのは常に自己責任が基本だって誰もが知ってることを、偉そうにシッタカして申し訳ない。

 

 

一緒に買っておくと良いもの…

それよりまず、可愛くて長い相棒になるキッチンエイドを選んで、マイキッチネイドを買っちゃうのがイイと思う。

というのも私、ボウルを2つ買ったんだけど今は1つしか使ってないし、撮影するとき銀色だと人が映り込むから、ガラスに買い替えたいくらい。

どの道具だって自分が使ってみなきゃ相性なんて解らないじゃない? それより最低限のものだけ揃えて、1回でも多く自分のために回したほうがお得だと思うのよ。

困ったことが起きてもこの時代、ネットが何でも解決してくれるよ!

基本、自分で使ってみたことがなければ、どの情報が正しいか、信用できるかなんて解らないと思うし…

とにかく。キッチンエイドを薦めたい理由は、2004年から使ってきたくせに今1番、キッチンエイドを買って良かったぁ!!! という使い方があって…

でも、今日は長くなったから、それはまた別の機会に。

 

関連記事一覧