絵心なくてアイシングクッキーに挫折しても、キャンディライターがある!

珍しい食材

甘くない「全粒粉ビスケット」がおススメな訳

まだ作ったことない方に「アイシングクッキーは難しいから」と言われました。これまでも何度か言われたことがあります。

私も「こんなのが作りたい!」と夢を膨らませてアイシングクッキー屋を始めたものの「こりゃ大変だ」とすぐに意気消沈。

クリームの堅さや線のキレイさにはコツもあるでしょうが、やっぱり練習のたまものだと感じます。

そこで。練習嫌いな私でも簡単に作れる「キャンディライターを使ったデコレーションクッキー」の作り方をご紹介します。

 

米国製のチョコペンだと便利…

キャンデシライターは米国のチョコペンで、日本のサラサラッとしたチョコと違い、「絵の具」のような質感が特徴です。

 

View this post on Instagram

 

nut2decoさん(@nut2deco)がシェアした投稿


この、モッタリした質感のおかげで、チョコ型に置くようにして着色できます。

 

アイシングクッキーを作ろうとしたら、アイシングシュガーパウダーの他、着色料絞り袋など、揃えるものが沢山ありますが…

キャンディライターはすでに色がついてるので、好きな色を選ぶだけでOK。

電子レンジで溶かして使え、キャップがついているので保管も楽です。

キャンディライター

少しだけ使ってもフタ付きなので保管できます!

 

この動画↓のように、お花のパーツも1粒から簡単に作れます。

 

おすすめレシピ

米国製なので「甘い」のが最大のネックですが、この甘さがあるのでフルーツやビスケットをコーティングするときに良いと思っています。

苺のデコレーション、これは本当にオススメ! でも今日はアイシングクッキーですね…

チョコレートカバードストロベリー

アイシングクッキーといっても「全粒粉ビスケット」=ダイジェスティブ ビスケット(英語:Digestive biscuit)にすれば、甘さが気にならないどころか、だから美味しいんです!

まず。型抜きができそうな全粒粉ビスケットレシピを探してみてください。

面倒だわ、という私のような方のために、最近見つけたお気に入りの「全粒粉ビスケット」レシピをご紹介しておきますね♪

 

 

試作してみました(動画)

キッズ向けなら顔を描いて可愛らしく♪というのが定番ですが、うちには残念ながらそんな可愛い生き物はおらず…

一軍ケース(お気に入りだらけ)にありました「スコップ」を使ってみます。

スコップのクッキー型

スコップですから、持ち手の部分だけ「赤いキャンディライター」をつけようと思いますが、ドボンとチョコの中に浸けたい…

その場合、絵の具のような質感をサラッとさせる「パラマウントクリスタル」というフレークを混ぜます。

動画をとってみたので、ご参考に…

パラマウントクリスタルを混ぜた後、質感が変わりましたでしょぉ?

この状態にすれば、ドボンと浸す系… 例えば、チョコレートカバードストロベリー(=苺をチョコでコーティングしたもの)も簡単に作れます。

 

アイシングクッキーは難しいですが、これなら、絵心がない人でも簡単にデコレーションクッキーが作れちゃいます。

そして、甘いモノが得意でない男性陣にも好評だったりするので、コーヒーブレイクのカップに添えてあげたら、、、ねっ、楽しくないですか?

ぜひ『キャンディライターの魅力』を体験頂けたら、と思っています!

関連記事一覧