シャカシャカクッキーだけじゃない、便利なイソマルトボールの使い方

簡単手作り飴(イソマルトボール)
面白い食材

あまりに便利すぎて、米国から定期的に仕入れているんですが。

透き通った透明のキャンディが簡単に作れる「イソマルトボール」という米国の便利なデコレーション食材がありまして…

米国製イソマルトボール

これ。どんな方に喜ばれているかというと…

  • ケーキのデコレーションに少しだけ飴が使いたい方
  • スピーディに作業をしたい忙しい方
  • 創作中にアイデアが浮かびやすくてチャレンジングな方

にリピ買い頂いてます。

なんせシリコンカップに数粒入れ→電子レンジでチンするだけで準備完了、時短ハンパないんだもん!

飴ってちょっとだけ使いたくても熱くて扱いが厄介じゃない? でもこれがあると創作活動の幅が広がる、これがあればまず支障がない。

面倒臭いと「今回はコレでいっかな」と持ち越しがちな私ですが、閃いたときにすぐ着手できるのはイソマルトボールのお陰だと思ってる。

とういわけで、このイソマルトボールを紹介すべく、チャチャッと5分で「ロリポップキャンディ」を作ってみました。簡単だからちょっとだけ行程を見届けてって!

 

シリコンカップを準備

必要な道具は「シリコンカップ」のみ。温度計も不要だし、鍋やコンロも不要。

イソマルトボール

シリコンカップは、カップケーキやお弁当などで使ってるのでOK。できれば厚みのあるシッカリしたものが、熱さを伝えづらいと思う…

もし薄めなシリコンを使うなら熱さを防ぐ手袋を準備して!

布手袋

NUT2decoでは海外メーカーからお薦めされたキャンディ用の手袋も、チョコ作りにケバケバが付きづらい布手袋もご用意してますが、チョコ用の薄手なものなら2枚重ねて使うとベター。

飴作り

 

なぜシリコンカップが良いのか?

シリコンカップは簡単に曲げられて、注ぎグチを細くしたりできること。

あと、使い終わったらカップの中で固めて、バリバリって折ってから素材をかき集められるので無駄がでない

飴を集める方法

細かい欠片も集めて、密閉ビニールに入れておけば、次回も使えるんですよ。

食材は出来る限り無駄無く使いたい派なので(勿論お高いのもありますけど)二次利用できるものは使い倒してる。←貧乏臭くていいのよ、ここだけは!

 

 

NUT2decoで使ってるシリコンカップ

うちではケーキポップスで、チョコを半分くらいまで入れてドボンするのにGETした深め&厚めのしっかりしたシリコンカップ(=厚みがあって熱さが伝わりづらいタイプ)があるので、これを使って話しを進めるよ。

イソマルトボール

イソマルトボウルをカップに入れたら600Wの電子レンジで1分くらいチン。すると、こんな感じにプクプクと泡がでてくる…

溶けたイソマルトボール

これでOK! ←準備はこれだけよ? ね、簡単でしょ、笑

一般的な飴作りは、鍋にお砂糖と水を入れて火にかけなくちゃいけないけど、このイソマルトボールは電子レンジで簡単にできちゃうの。

作業ハードルがめちゃくちゃ低い、便利な食材なのよ! ←しつこい

 

 

米国製のプラスチック飴型

クッキングシートやアルミホイル、シリコンマットなどへそのままタラーッと垂らしても作れますが…

私は同じカタチに揃って並べたり、ちょっとプロっぽい仕上がりに憧れる傾向がありまして、飴型を使いたくて仕入れてるんで… 飴型を使って作り方を説明します。

飴型

使用してる飴型は米国製で、白いプラスチック素材なんだけど。チョコ型より耐熱温度が高く、いろんなカタチがありまして…

複雑な飴型

複雑だったり薄めに仕上がる型の場合は、油をしっかり塗って、完全に冷める前(=しっかり固まってるけどまだ暖かい状態)に型から外す、など少しコツが必要になるかも…

コツが掴めたら、複雑な飴型も使いこなせるようになると思います(=初心者だと最初すこし苦戦するかも)

 

 

飴型に油を塗る(下準備)

飴以外に必要なのは「油」。サラダオイルを薄くハケで塗ったり、キッチンペーパーに含ませて使ったりしてるけど…

最近GETしたスプレーオイルの「セパレ」が使ってみたくて、今日はコレで♪

焼き型に使おうと買ってみたけど「パンにスプレーすれば艶出し油として使える」と本体に記載されてる、ってことは火を入れない飴型に使ってもOKよね?

ということで、シュッ。

ん? 随分と黄色みが強いのねぇ。スプレーする感触もサラッというより、フワッという整髪料ムースに近い感覚… こーゆー感じなんだぁ。

飴型にサラダ油

ま、これで油は準備OK!(←後に問題点発覚するので下記で)

飴型を使わず、クッキングシートやアルミホイル、シリコンマットなどへそのままタラーッと垂らしても作れます。

 

 

ロリポップ棒をセット

飴ってメレンゲと同じで、出来上がってもペタペタするから棒に刺さってると扱いやすいし、食べやすい。それにやっぱり見た目が可愛い…

ので、ロリポップのスティック棒をセットしときます。

棒の長さについて

飴型は基本、11.4cmタイプがちょうど型にぴったりはまるサイズ(奥)なんだけど、手前の15cmタイプは少し斜めにセットしてあげれば使えます。

15cmの何が良いかって、仕上がったとき、持ち手部分が長いので洗練されて見える。(=どことなく格好良く見えるんだよ!)

 

 

飴型に流し込む

溶けたイソマルトボールの液体は、サラッと流れますので、そのまま型へ入れてください。

飴を型に流す

時間がたって流れづらくなったら、また電子レンジで15秒〜20秒くらい加熱するとサラッとした質感が戻ってくるので…

ここもイソマルトボールの便利なところなんだよねっ!

 

今回は大きめなロリポップキャンディ5cm(8H-5207)を使ったんで、デコレーションをしてみるのもイイんだけど…

簡単に試してみたい! という方には、CKの粗めなクリスタルシュガーの、いろんな色が混ざったミックスをそのままキャンディに振りかけてみて欲しい。

カラフルな手作り飴の作り方

このカラフルなシュガーは、カップケーキやアイシングクッキー、アイスクリーム、パフェなどにかけるデコレーションシュガーで…

粒の形や大きさは、おせんべいにくっついてるザラメに似てる、かな。

飴型から外せば…

ロリポップキャンディの出来上がりですっ!!!

バースデースプリンクルキャンディ

 

 

制作上の注意点

実際に作ってみると「ん?」ということがありまして、ちょっとメモってみます。

油はつけすぎNG

スプレーオイルを吹きかけ、そのまま飴を流してしまうと、気泡が目立つみたい。透明だと解りづらいんだけど、このブルーだとほら…

飴の気泡

こんなときは、キラキラパウダーを表面に塗っちゃってください。少し曇るけど、ペトペトもしづらくなるし… 応急処置ってことで。

キラキラパウダー

 

 

後片付け方法は、楽チン!

飴細工はベトベトして後片付けが面倒臭そうだし、シリコンカップのような深さのある道具なんて使うと、ごしごし洗いずらくない? と考えがちですが、ノンノン。

飴のこびりついた道具は水につけておくだけで、スッと砂糖が溶けていくので。まったく面倒じゃないんですよ。

 

飴型の洗浄方法

飴型は、型の内側に傷がつくと次に使うとき見た目も悪くなるし、不衛生になりがちなので…

できるだけ柔らかいスポンジに洗剤を泡立てて、フワッとした泡で洗ってください。

飴型の洗浄方法

スポンジで泡を作った後、泡を手で撫でて洗っても良いですね。とにかく傷をつけないよう、ご注意を。

 

キャンディ型はチョコレート型に比べて、あまり神経質にならなくていいと思いますので、私は立てかけて乾燥させちゃってますが…

飴型の乾燥

白いので見えてませんが、水洗浄をすると水滴後が残っているはずなので、チョコ型と同じ様に、キッチンペーパーで水滴を拭き取っておくほうが丁寧だと思います。

型をキッチンペーパーで拭く

 

イソマルトボール、まとめると…

そもそもイソマルトって何? と調べてみれば…

イソマルト(Isomalt)は、糖アルコールの一種の甘味料である。砂糖に似た物理的性質が利用される。血糖値には殆ど影響せず、虫歯も起こさない。エネルギー価は、砂糖の半分程の約2 kcal/で … Wikipedia

これが家庭でも簡単に扱えるよう開発されたのがイソマルトボールなので、大量の飴を作りたい場合は、正直、コスパが悪いです。

ですがこのイソマルトボールは、ちょっとだけ使ってデコレーションを作りたい、サンプルを作りたい、ってときには最強です!

ステンドグラスクッキーや、スプリンクルなどを入れてシャカシャカさせるクッキーを作る方など、ちょっとだけ飴を使うお菓子にも勿論お薦め。

ぜひ一度、使い心地をお試し頂けたらと思います♪

イソマルトボール

関連記事一覧